最新公演情報(12.2.12更新)

空想組曲VOL.8「深海のカンパネルラ」

—僕たちは誰も、あの頃には戻れない—

チラシ
※画像をクリックすると、チラシの裏情報等がご覧になれます。裏面

●ご挨拶

子供の頃、初めて「銀河鉄道の夜」を読んだ時「すごく怖いおはなし」だと思った。
大人になって読み返した時の感想は少し違って「すごく哀しいおはなし」だった。
そしてこうも思った。
作者である宮沢賢治は、この作品を書きながら「あっち側」の扉を開けてしまったんじゃないだろうか、と。 星々を巡る鉄道も、死者が眠る銀河も、何のメタファーとすら分からない(けれどひどく魅力的な)登場人物達も、宮沢賢治は実際に見たのではないだろうか。もしかしたらこの童話は、創作物ではなく、記録なのでは。
そうでなければ「銀河鉄道」という概念のなかった世界で「銀河鉄道」という 言葉を紡ぐ、なんてことができるだろうか。

「あっち側」の扉を開けてしまった時、人はどうするのだろう。
「こっち側」に戻ってこなければならない。厳しい現実を見つめなければならない、というのは「こっち側」の理屈であり、正義だ。
どんなに正義を訴えても理屈を説いても、心が導き出す残酷な決断には決して敵わない。
「あっち側」からすれば「本当の幸せがここにあるのに、何で戻らなきゃいけないの?」と文句のひとつも言いたいかもしれない。
そもそも「こっち側」が本当に現実かどうかなんて誰にも分からないのだから。

今回空想組曲がお送りするのは、全てを捨てて「あっち側」に行こうとする 少年のおはなし。
彼が「あっち側」に行けるのか「こっち側」に残るのかはまだ決めていません。
でも、どうぞご期待ください。
絶望まみれかもしれませんし小さな希望が残っているかもしれませんが、
必ず面白い舞台にしますから。

空想組曲主宰  ほさかよう

●STORY

「絶対に引き返さない」
決意と闇を胸に少年はカンパネルラとともに銀河鉄道に乗り込んだ。
だけど誰も教えてくれなかった。
幸せの難しさも、永遠のおそろしさもーー。

●CAST

多田直人(演劇集団キャラメルボックス)
篤海

古川悦史
川田希
二瓶拓也(花組芝居)
石黒圭一郎(ゲキバカ)
小玉久仁子(ホチキス)
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)
渡邊とかげ(クロムモリブデン)
鶴町憲
内山正則
上田理絵

中田顕史郎

●STAFF

【作・演出】 ほさかよう
【舞台監督】 藤本志穂(うなぎ計画)
【舞台美術】 松本わかこ
【音響効果】 天野高志
【照明】 榊美香(有限会社アイズ)
【衣装】 広川文
【イラスト】
【宣伝写真】 守谷美峰
【宣伝美術】 岩根ナイル
【演出補佐】 渡辺望(天幕旅団)/海野広雄(オフィス櫻華)
【制作】 塩田友克
【制作協力】 岩間麻衣子
【企画・製作】空想組曲
【提携】赤坂RED/THEATER

●会場

赤坂REDシアター
赤坂REDシアター(地図情報)

〒107-0052
東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB2F
TEL 03-5575-3474
公演期間中ロビー直通 03-5575-7132

●日程

タイムスケジュール
*開場は開演の30分前。受付は開演の45分前からとなります。

●チケット料金(日時指定・全席指定)

前売 3500円
当日 3800円
平日昼割 3300円(○の回のみ)
前売開始 2012年3月12日(月)

●チケット取扱

カルテッド・オンライン
http://www.quartet-online.net/ticket/kumikyoku08

空想組曲のHPにてネットリザーブ 
http://www.k-kumikyoku.com/

●お問い合わせ

090-9834-6485

●協力

ネビュラプロジェクト
スターダストプロモーション
LADY BIRD
candid
FORREAL     
イマジネイション
株式会社A-LIGHT     
演劇集団キャラメルボックス
花組芝居
クロムモリブデン
ホチキス
黒色綺譚カナリア派
ゲキバカ     
カルテット・オンライン         
/紫村朋子

●稽古場ブログ

空想組曲・稽古場日誌